【2016年】
1月 商工部会、「第4次産業革命への挑戦」勉強会(12日)
山の会、山小屋でチーズフォンデュを食べるスノーシューハイキング(24日)
新年会開催、約200人が参加(30日)スキークラブ、ラ・テュイル(イタリア)へバスツアー(31日)
2月 山の会、スノーシューハイキングと温泉の週末(6日~7日)ゴルフクラブ、第1回番外大会(28日
3月 山の会、体験クロスカントリースキーとスノーシューハイキング(13日)
4月 山の会、春の山で蕗の薹狩り(17日)第18回総会の報告(22日) 
テニスクラブ、ILOとの親善対抗試合開催(24日)
5月 囲碁クラブ、親子囲碁広場を開催(1日)ワインクラブ、ワイナリー訪問ツアー実施(14日)
6月 山の会、ナルシス観賞ハイキング(5日)テニスクラブ、第17回緒方貞子争奪テニス大会(12日)
商工部会、法人会員対象に総会開催(16日)第68回理事会の報告(20日)
8月  花火観賞会の報告(13日) |山の会、ツェルマット週末一泊トレッキング(27/28日)
ゴルフクラブ、第119回本戦大会「モンブランカップ」開催(28日)
9月 ゴルフクラブ、第120回本戦大会「第19回ANA杯」開催(8日)第69回理事会の報告(15日)
テニスクラブ、練習会&ミニマッチ(18日)|山の会、アレッチ氷河観賞ハイキング(25日)
10月 ゴルフクラブ、第121回大会「JCG会長杯」(9日) テニスクラブ、「JCG会長杯争奪大会」(16日)
商工部会/文化部会共催勉強会「スイスのムーブメント産業の現状」(20日)
11月 テニスクラブ、「ANA杯テニス大会」開催(20日) 
12月 ゴルフクラブ、納会で年間総合成績発表(4日) |スキークラブ、初滑りバスツアー(4日)
山の会、ハイキングとフォンデュの一日(11日)

12月
山の会、ハイキングとフォンデュの一日(12月11日) 

  12月11日(日)、25名の参加者で、恒例のラ・ジブリン・チーズフォンデュハイキングを実施しました。まだ積雪には早く、スノーシ ューではなく身軽に普通のハイキングにて、山頂にあるキャロ小屋を目指しました。
 山小屋では美味しいチーズフォンデュを囲んで、参加者同士の会話も弾み楽しい日曜日となりました。

(写真左は、フォンデュを囲んで。右は、参加者全員で記念撮影)

このページのトップへ↑
スキークラブ、初滑りバスツアー(12月4日)

  12月4日(日)、フランスのバル・トランス(Val Thorens)で初滑りツアーを実施しました。29名の参加者が集まり、快晴の素晴らしいコンディションの中、スキー、スノーボードを楽しみました。モンブラン、グランジョラス、アラビ山脈、ジュラ山脈など、アルプスの山々が見渡せる素晴らしい一日となりました。

(写真左は、真っ青な空とアルプス。右は、参加者の方々)

このページのトップへ↑
ゴルフクラブ、納会で年間総合成績発表(12月4日) 

 12月4日(日)夕刻から、レストランはし本にて、ゴルフクラブ納会納会が開催されました。参加者は26名でした。
 2016年の活動として、6回の本戦コンペ、3回の番外編コンペが行われたことが報告されました。そして、本戦コンペの年間総合成績結果の発表がありました。年間総合優勝は松田宏さん(政府代表部)、2位は町田静治さん(ILO)、3位は、橋本吉美さん(レストランはし本)でした。
 また、余興として、2016年のJCGゴルフライフの思い出が詰まった小冊子が参加者に配布されたほか、ゴルフ道具のオークションなどもあり、楽しいゴルフナイトとなりました。

(写真は、年間総合成績上位入賞者の橋本さん<左>、松田さん<中>、町田さん<右>)

このページのトップへ
11月
テニスクラブ、「ANA杯テニス大会」開催(11月20日) 

 11月20日(日)、Tennis Club de Gland にて、「ANA杯テニス大会」を行いました。ジュニアの部、初中級の部、一般の部あわせて、今年最多の50名の参加者が集まり大いに盛り上がりました。
 クラス毎に抽選で組合せを決めてダブルスの試合を行い、勝率と得失ゲーム数で順位を争いました。数々のコートで好試合が繰り広げら れ、各クラスとも大激戦でした。結果は以下のとおりです。
  • 一般の部: 優勝/坂本光弘さん(4勝0敗、24得-3失)、2位/井桁英樹さん(4勝0敗24-7)、3位/岩崎登紀子さん(3勝1敗)
  • 初中級の部: 優勝/安井愁子さん(3勝0敗1分け)、2位/田代晴美さん(3勝1敗、19-11)、3位/中島裕美さん(3勝1敗、19-11)
  • ジュニアの部: 優勝/ペレグリーニ・ジェームス君(4勝0敗、20-11)、2位/山本杏梨さん(3勝0敗、15-11)、3位/齋藤弘喜君(2 勝1敗)
 大会後には、アペリティフや歓談会を行い、今年の行事を締めくくりました。来年の最初の行事は3月に練習会を実施予定です。決定次第会報や ウェブサイト等でご案内致します。本年も多数の方にテニス行事に参加いただきまして、誠に有難うございました。

(写真左は、参加者の方々。右は、<上>一般左から2位/井桁英樹さん、ANAアベルさん、優勝/坂本光弘さん代理、坂本瑛美さん、3位/岩崎登紀子さん、<中>初中級左から2位/田代晴美さん、優勝/安井悠子さん、3位/中島裕美さん、<下>ジュニア左から3位/齋藤弘喜君、優勝/ペレグリーニ・ジェームス君、2位/山本杏梨さん)

このページのトップへ↑
10月
商工部会/文化部会共催勉強会、「スイスのムーブメント産業の現状」(10月20日) 

 10月20日(木曜日)午後6時半からジェトロ・ジュネーブ事務所大会議室にて、20数名の参加者を迎え、「スイスのムーブメント産業の現状」をテーマに勉強会を開催しました。
 講師には、時計大国スイスでカリスマ時計師として、「ミレネリー4101」に代表される多くの最高級複雑時計を送り出してきた浜口尚大氏(Vaucher Manufacture Fleurier社ムーブメント開発部長)をお招きし、ご自身の経験に基づくスイスの時計産業の現状と将来の展望についてご講演していただきました。
 現在、スイスには時計関連企業約600社、時計ブランドが約100(全世界では約700ブランド)あるといわれています。時計関連従業員人口は、第1位の製薬、第2位の金融に次ぐ約6万人が存在しています。スイスで生産された全時計の95%が輸出され、売上金額では世界第1位の時計輸出国ですが、時計産業国スイスが直面する現在の課題、またその対応についてのお話を伺いました。
 同勉強会については、「BONJOUR!れまん」11月号で報告を掲載します。

(写真左は、ムーブメントの説明をする浜口氏。右は、ムーブメントのコレクションを手に取る参加者の方々)

このページのトップへ↑
テニスクラブ、「JCG会長杯争奪大会」開催(10月16日)

 10月16日(日)、Tennis Club de Glandにて、「JCG会長杯争奪テニス大会」を開催しました。
 夏休み後初の公式戦でしたが、一般18名、ジュニア4名の計22名が熱戦を繰りひろげました。
 一般の部・ジュニアの部とも、くじによりペアを決めた男子/女子/ミックスダブルス各人計4試合の総合勝ち点で争われましたが、どの試合も白熱した展開となりました。結果は以下のとおりです。
  • 一般の部: 優勝/大湊範子さん、2位/松井英晃さん、3位/飯塚恭子さん
  • ジュニアの部: 優勝/山本遥夏君
(写真左は、入賞の方々、左から松井英晃さん(一般2位)、大湊範子さん(一般優勝)、山本遥夏君(ジュニア優勝)。右は、参加者の皆さん)
 
このページのトップへ↑
ゴルフクラブ、第121回本戦大会「JCG会長杯」開催(10月9日)

 10月9日(日)、マンシェットGCにて、第121回本戦大会「JCG会長杯」が開催されました。
 当日は、JCG名誉会長でもある嘉治美佐子代表部次席大使の送別ゴルフ会も兼ねて、28名のゴルフ愛好家が集まりました。
 優勝は月花里依さん(G99/H31/N68)、2位は町田静治さん(G84/H13/N71)、3位は橋本吉美さん(G86/H15/N71)、ベスグロは83で水野さん(WHO)という結果でした。

(写真左は、集合写真。右は、JCGアベル会長<左>と優勝した月花さん<右>)

このページのトップへ↑
9月
山の会、アレッチ氷河観賞ハイキング(9月25日)

 9月25日(日)、秋晴れで気持ちの良い空の下、アレッチ氷河観賞ハイキングを開催しました。
 谷を挟んで、遠くにはマッターホルンなどの山々も見渡せ、眺望にも恵まれた楽しいハイキングとなりました。

(写真左は、マッターホルンを背景にアレッチ氷河。右は、参加者の方々)

このページのトップへ↑
テニスクラブ、練習会&ミニマッチを開催(9月18日)

 9月18日(日)、Tennis Club de Glandにて、「練習会&ミニマッチ」を行いました。小学生からベテランまで合計21名が参加し、充実した練習会となりました。小学生、ジュニアは球出しからの基本練習、中・上級クラスもウォーミングアップのあとダブルスで入れ替わりのミニマッチを行い、大きな成果が出ました。

(写真は、練習会&ミニマッチに参加した方々)

このページのトップへ↑
第69回理事会の報告(9月15日) 

 9月15日(木)に領事事務所において第69回理事会が開催されました。主な議事は下記の通りです。
  • 役員の交代について
    理事について、鶴沢宗文氏の退任による後任として千葉哲也氏(KDDI)が就任、田中寛氏の退任により小林義久氏(共同通信)が就任、西村隆夫氏が退任しました。
  • 会員の入会について
    下記の方々の入会が承認されました。(敬称略・順不同)
    個人会員(10名):山崎(本田)律子(UNISDR)、伊澤章(ILO)、Pol松尾寿美子、重松崇之(Gratitude Suisse Sarl)、井桁英樹(代表部)、加藤義行(代表部)、千々岩良英(代表部)、松原哲也(代表部)、土屋美奈江(代表部)、遠山一記
    OBOG会員(3名):、鶴澤宗文、西村隆夫、桑原宏昭
  • 2017年新年会について
    開催日は2017年2月5日(日)に決まりました。
このページのトップへ↑
ゴルフクラブ、第120回本戦大会「第19回ANA杯」開催(9月8日) 

 9月8日(木、ジュネーブ断食祭で祝日)、モントルーGCにて第120回本戦大会「第19回ANA杯」が開催されました。秋晴れの快適な気候の中で、35名の参加者がゴルフを楽しみました。
 6つの隠しホールにより、当日のハンディを算出するため、ギャンブル性の高い競技結果が出ることも参加者の大きな楽しみの10つ。隠しホールが当たり、ハンデを30以上もらって優勝したのは、田代秀実さん(Firmenich、G93/H31.2/N61.8)、2位はフレザール知子さん(G94/HC28.8/N65.2)、3位は加藤哲男さん(OSR、G103/HC36/N67)、ベスグロは83で森達也さん(ネスレ)でした。JCGハンデによる順位(裏版)は、森さんが1位でした。
 優勝した田代さんには、ANAジュネーブ営業所アベル支店長より、日本往復航空券が授与されました。その他、参加者全員にJCG法人会員各社から、数多くの賞品のご提供をいただきました。誌面をお借りして厚く御礼を申し上げます。

(写真左は、参加者の方々。右は、アベル支店長<左>から日本往復航空券を受ける田代さん<右>)

このページのトップへ↑
8月
ゴルフクラブ、第 119回本戦大会「モンブランカップ」開催(8月28日)

 8月28日(日)、シャモニーGCにて、第119回本戦大会「モンブランカップ」開催されました。
 当日は夏日和の一日で、27名の参加者が腕を競い合いました。優勝はフレザール知子さん(JTI,G91/H22/N69)、2位は今井清さん(G85,N72)、3位は白野さん(G91,N72)、ベスグロはは83で水野さん(WHO)という結果でした。 

(写真左は、モンブランを背景に。右は、シャモニーの横山さん<左>からカップを受けるフレザールさん<右>)

このページのトップへ↑
山の会、ツェルマット週末一泊トレッキング(8月27/28日)

 8月27/28日の週末、恒例のツェルマット山小屋一泊トレッキングを開催しました。好天に恵まれ、気持ちの良いトレッキングを楽しみました。
 翌朝は日の出を待ち、素晴らしいマッターホルンの朝焼けを見ることができました。また、マルモットや野生のエーデルワイスも見かけ、思う存分に山を楽しみ、充実した週末となりました。

(写真は、朝早起きをして、朝焼けのマッターホルンを撮影)

このページのトップへ↑
花火観賞会の報告(8月13日)

 恒例のジュネーブ祭り大花火大会が8月13日(土)に開催されました。JCGでは、今年も2艘の船を借りての花火の観賞会を企画。幼児を含む126名の方々が参加されました。
 当日は月空の下、音楽に合わせた多種多様の花火の他、イルミネーションされた帆船「ネプチューン」と火を噴きながら水面を走り回る小舟が共演という趣向を凝らした演出で観客を魅了しました。
 JCG名誉会長の嘉治美佐子大使もご参加くださり、会員の皆さんとの和やかな観賞会となりました。また、当日点呼などをお手伝いいただいた方々に改めてお礼申し上げます。

(写真左は、日暮れが始まる頃に納涼船に乗り込む参加者。右は、花火もたけなわ)

このページのトップへ↑
6月
第68回理事会の報告(6月20日)
 
 6月20日(月)、在ジュネーブ領事事務所において第68回理事会が開催されました。主な議事は下記のとおりでした。
  • 花火観賞会(8月13日)および日本祭り(10月2日)の開催について、準備状況が報告されました。
  • ミラノで開催された「2016年在欧州日本商工会議所連絡会議(商工部会)」(5月30日/31日)について報告がありました。
  • 会員の入会について、下記の方々が新たに会員になりました。
    法人会員:エルナスイス、参天製薬スイス
    個人会員:圓井則雅(NTN-SNR Roulements)、伊藤直人(代表部)、一戸 良江(ILO)、大野拓也(IOM国際移住機関)、今井清、大野政信(日本語補習学校)、山下 正人(再入会)
    個人賛助会員:有山智子(在スイス日本大使館)
このページのトップへ↑
商工部会、法人会員対象に総会開催(6月16日) 

 6月16日(木)、オービーブ公園内レストランで、法人会員および賛助法人会員の方々を対象に、商工部会総会が開催されました。JCG名誉会長の嘉治美佐子大使をはじめ、日本政府代表部や領事事務所、法人会員16社から合計34名が参加しました。
 今回の商工部会総会では、ロンドンから日本経済新聞社の欧州編集総局長の大林尚氏をお招きし、「岐路に立つ欧州統合~1週間後に迫ったBREXITを読む」という演題で、講演会も併催しました。英国がEUに在留するか離脱するかを問う国民投票について、日本企業への影響、可決された場合の行方、EUに加盟せずにEUとの関係を維持するスイスなど、論点とその解説をいただきました。目前に迫った国民投票でもあり、法人会員の関心も大きく、参加者からは多くの質問がありました。
 講演会後は、商工部会の活動関連の報告、また法人各社より、近況報告をいただきました。
 商工部会総会は、年に一回開催され、法人会員同士の情報交換と親睦の場を提供しています。今回も、スイスの労働市場事情や社会保障制度など、法人会員ならではのテーマが各テーブルで展開されていました。

(写真左は、講演中の大林尚氏。右は、情報交換などの交流風景)

このページのトップへ↑
テニスクラブ、第17回緒方貞子争奪テニス大会(6月12日) 

 6月12日(日)、Tennis Club de Glandにて「第17回緒方貞子杯争奪テニス大会」を開催しました。
 今シーズン初の公式戦に備えて日々腕を磨いたプレーヤー、一般19名、ジュニア7名の計26名が熱戦を繰り広げました。一般の部・ジュニアの部とも、くじによりペアを決めた男子/女子/ミックスダブルス各人計3試合の総合勝ち点で争われましたが、どの試合も白熱した展開となりました。結果は以下のとおりです。
  • 一般の部:優勝/深町征臣さん(3勝)、2位/松井英晃さん(2勝1分)、3位/伏見邦彦さん(2勝1敗)
  • ジュニアの部:優勝/田代彩香里さん(3勝)
 テニス行事は7、8月は夏休みとし、9月より活動を再開します。9月の行事についてはJCGウェブサイト、メールでご案内いたします。

(写真左は、参加者の皆さん。右は、 入賞者の方々、左より伏見邦彦さん<一般3位>、田代彩香里さん<ジュニア優勝>、深町征臣さん<一般優勝>、松井英晃さん<一般2位>)

このページのトップへ↑
山の会、ナルシス観賞ハイキング(6月5日)

 6月5日(日)、ボー州にて恒例のナルシス観賞ハイキングを開催しました。
 当日は、雨が降ったり止んだり、時には晴れ間が出たりと、不安定な天候でしたが、ここ数年で一番の「辺り一面満開のナルシス」を 堪能する事ができ、参加者全員、充実の日曜日となりました。

(写真左は、参加者全員で。右は、満開のナルシス)

このページのトップへ↑
5月
ワインクラブ、ワイナリー訪問ツアー実施(5月14日)

 5月14日(土)、30名が参加して春のワイナリー訪問ツアーを実施しました。
 今回はブルゴーニュ・コート・シャロネーズ地区にあるドメーヌ・ジュイヨ(Domaine Juillot)を訪ね、経営者のローラン・ジュイヨさんの軽妙な説明を聞きながら赤、白3種類、計6種類のワインを試飲しました。
 試飲後は、メルキュレ(Mercurey)の村を一望 できる丘へ案内していただき素晴らしい景色を堪能しました。
 昼食は地元のレストランで、地元のワインを飲みながら前菜2品、メイン2品、チーズ盛合せ、デザート2品というボリューム満点の美味しい料理に舌鼓を打ち、楽しいツアーとなりました。

(写真右は、メルキュレの村を一望。左は、ジョイヨさんのワイナリー外観)

このページのトップへ↑
囲碁クラブ、親子囲碁広場を開催(5月1日)

 5月1日(日)午後、親子囲碁体験広場を開催しました。
 初めて碁石に触れた来訪者(大人10名、子供8名)、囲碁アマの家族(大人子供約20名)、合計40名が大人子供の区別なく楽しみました。初めての方には、まず碁石に親しんでいただくべく、ごく簡単で分かりやすい(けれど実際に始めてみると思った以上に変化が多い)ポン抜き碁=石取りゲームから始めました。
 最年少の3歳半のお子様のお母様から、事後「子供が疲れてきたので途中で帰りましたが、家に帰ってからもゲームを楽しみました」との嬉しいコメントをいただきました。
 また機会を見て開催したいと思います。

このページのトップへ↑
4月
テニスクラブ、ILOとの親善対抗試合開催(4月24日) 

 4月24日(日)、Tennis Club de Glandにて、ILOテニスチームとの親善対抗試合を行いました。
 JCGから15名、ILOから12名、計27名が参加して熱戦を繰り広げました。最終ラウンドまで結果がわからない白熱した展開にになりましたが、19試合行った結果はJCGの10勝8敗1引き分けで、今年はJCGが勝利を収めました。
 なお、試合終了後には懇談アペリティフを行いました。

(写真左は、参加者の方々。右は、ILOームより優勝カップを奪還したJCGテニスクラブの深町キャプテン<右>)

このページのトップへ↑
第18回総会の報告(4月22日)

 4月22日(金)、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部にて、第18回総会が行われました。
 なお、総会後には、代表部のご厚意により、懇親会が行われ、新旧役員、参加された会員の方々、また大使をはじめ関係者の方々との親睦の場をご提供いただきました。
 総会の主な議事は、下記のとおりです。
  • 2015年度の事業(主要イベント、部会・委員会、クラブなど)について、活動報告と会計報告ならびに会計監査結果が報告され、承認されました。
  • 2016年度の事業計画ならびに予算が提案され、承認されました。
  • 会則につき、一部改定が提案され、承認されました。
  • 役員選出につき、会長・副会長・理事・監事がそれぞれ推薦、提案され、承認されました。新役員リストについては、「役員の顔ぶれ」をご覧ください。
 (写真左は、新会長のアベル美穂さん。右は、嘉治大使・JCG名誉会長を囲んで、会長・副会長・監事を退任された方々。左から、柴田さん、平野さん、矢野さん、嘉治大使、鶴沢さん)

このページのトップへ↑
山の会、春の山で蕗の薹狩り(4月17日) 

 4月17日(日)、フランスのラ・バテ(La Vattay)にて、蕗の薹狩りを実施しました。
 残雪のため当初の予定を1週間ずらしたところ、当日は雨模様でかなり冷え込みましたが、子供2名を含む総勢13名で賑やかに楽しく雨の中、蕗の薹を収穫してきました。
 帰りは場所を移して、行者ニンニクも沢山採り、皆満足のいく日曜日となりました。

(写真は、参加者そろって記念写真)

このページのトップへ↑
3月
山の会、クロスカントリースキーとスノーシューハイキング(3月13日) 

 3月13日(日)、フランス領のラ・バテ(La Vattay)にて、参加者10名で体験クロスカントリースキーとスノーシューハイキングを実施しました。
 ここは特にクロスカントリースキーのコースが充実しており、沢山のスキーヤーで賑わっていました。我々も大雪原の中、よく整備されたコースや森の中でのスノーシュー、クロスカントリースキーを楽しんで来ました。 

(写真は、クロスカントリースキーまたはスノーシューを楽しむ参加者)

このページのトップへ↑
2月
ゴルフクラブ、第1回番外大会(2月28日)

 2月28日(日)、モントルーGCにて、今年第1回目の番外コンペを行いました。参加者は13名でした。
 結果は、横山日出美さん(シャモニー、G101/HC28/N73)が優勝、2位は土田孝裕さん(サンスター、G106/HC36/N70、初参加のため2位)、3位はベスグロも獲得した今井清さん(ジェトロ、G88/HC13/N75)でした。
 また、これまでゴルフ活動に参加いただいたサンスターの奥田さん日本語保守学校のと竹内校長先生が帰国することとなり、お二人の送別ゴルフでもありました。

(写真は、参加者の方々)

このページのトップへ↑
山の会、スノーシューハイキングと温泉の週末(2月6日~7日)

 2月6日(土)~7日(日)、参加者10名で、ロイカーバードにてスノーシューハイキングと温泉の一泊旅行を実施しました。
 両日とも、お天気に恵まれ、ハイキング、温泉、夕食、翌日はシオンの街散策と参加者同士和気藹々と楽しい週末を過ごしてきました。

(写真左は、雪山を背景にスノーシューハイキングを楽しむ。右は、レストランで)

このページのトップへ↑
1月
スキークラブ、ラ・テュイル(イタリア)へバスツアー(1月31日)

 1月31日(日)、29名の参加者で、イタリアのラ・テュイル(La Thuile)にて、今シーズン初めてのバスツアーを実施することができました。
 お天気は生憎でしたが、おかげで新雪を楽しむことができました。お昼も参加者それぞれ、イタリアのレストランで美味しくいただきました。たまたまアオスタの街でお祭りがありすごい人出で、予定通りに行動できずに帰りが少し混乱しましたが、無事にジュネーブに帰ってきました。

このページのトップへ↑
新年会開催、約200人が参加(1月30日)

 1月30日(土)、モーベンピック・ホテルにて、参加者約200名を迎えて新年会を開催しました。今回は、「今までに住んだところ」をテーマにテーブルを囲んでいただきました。
 バイオリンとチェロの演奏で幕を開けた新年会。演奏者は、福田玲紗さん(バイオリン)と社本名央さん(チェロ)のお二人で、曲目はクラッシックのほか、「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」の映画音楽からのレパートリー、また食事の合間に行われたミニ・コンサートでも、日本人になじみの深い「さくら」や「蛍の光」を演奏いただきました。
 前菜のお寿司から始まり、モーベンピック・ホテルのシェフによるコース・メニュー。お食事のお供には、厳選された白と赤ワイン。今回は、「ハリー・ポッター」の翻訳でお馴染みの松岡佑子さんが主催するフェニックスワインクラブより購入しましたが、ブルゴーニュの赤ワインは、プルミエ・クリュという贅沢な選択でした。
 お食事がひと段落したところで、JCGの新年会に欠かせなくなった「テーブル対抗クイズ」が行われました。ちょっと一ひねりした問題に、どのテーブルでも額を合わせて検討。優勝テーブルには素敵な賞品も用意されていました。
 また、子どもが飽きないようにと別室では「子どもプログラム」が実施されました。パフォーマーとして、「Yokoli」のお二人を迎えて、子どもたちの笑いがはじけた一こまでした。
 新年会の終盤には、トンボラ(福引)が行われました。今回も協賛各社より、素晴らしい賞品の数々が集まりました。日本への往復航空券を当てた方ほか、お食事券、ワイン、コンサート招待券、ジュネーブで3月に開催されるモーターショーのプレスデーへの招待券...様々の賞品が参加者全員に贈られました。
 最後には、JCG矢野会長の指揮で、全員そろって「一月一日」を合唱。今年の新年会も無事に幕を閉じました。
 賞品をいただきました各社には深くお礼申し上げます。また、新年会準備委員の方々またお手伝いいただいた有志の方々、お疲れさまでした!

(写真左は、JCG矢野博巳会長の挨拶<上>、ベルンからお越しいただいた前田隆平大使の祝辞<中>、JCG名誉会長の嘉治美佐子領事事務所長兼大使による乾杯の音頭<下>。右は、上から、福田さんと社本さんによるバイオリンとチェロの演奏、会場の様子、「Yokoli」による子どもプログラム風景、JCG名物「テーブル対抗クイズ」で回答する参加者、トンボラで航空券をゲット!、今年のプログラムのデザイン)

このページのトップへ↑
山の会、山小屋でチーズフォンデュを食べるスノーシューハイキング(1月24日) 

 年明け最初のイベントとして、1月24日(土)、子供5名を含む総勢31名でラ・ジブリン(La Givrine)から山小屋を目指すスノーシュー・ハイキングを開催しました。
 山小屋に到着すると、山の会幹事が特製のチーズフォンデュを作り、一緒に食べながら参加者同士交流を深めることができ、充実した日曜日となりました。 

(写真左は、山小屋の前で記念撮影。右は、スノーシューハイキングを楽しむ)

このページのトップへ↑
商工部会、「第4次産業革命への挑戦」勉強会(1月12日)

 1月12日(火)、ジェトロ・ジュネーブ事務所内会議室において、法人会員を対象に「第4次産業革命への挑戦」という題目で勉強会が開催されました。
 同テーマは、今年のWEF(世界経済フォーラム)のダボス会議のリーディングテーマです。ジュネーブのWEF本部で、日本のビジネスセクターのアジェンダ統括や技術イノベーションの推進者向けプログラムを担当する高橋雅央氏を講師としてお招きし、参加者25名が興味深いお話を伺いました。
 なお、勉強会の内容については、「BONJOUR!れまん」2月号でレポートを掲載いたします。

(写真左は、WEFの高橋さん。右は、会場の様子)

このページのトップへ↑