【2017年】
1月 商工部会、勉強会「WEFの活動とダボス会議」(12日)
スキークラブ、初心者・中級者練習会(15日)スキークラブ、ピラへバスツアー(29日)
2月 JCG新年会、大盛況!(5日) |山の会、山小屋でチーズフォンデュを食べるハイキング(12日)
スキークラブ、ラ・テュイルへバスツアー(26日)
3月 山の会、ロイカーバードでスキーと温泉の週末(3月4日~5日)ゴルフクラブ、番外編コンペ(19日)
テニスクラブ、初・中級者向け練習会(26日)
4月 第71回理事会の報告(4日)テニスクラブ、ILOとの親善対抗試合(9日)
第19回JCG総会開催(11日)ゴルフクラブ、第1回本戦コンペ開催(30日)
5月 テニスクラブ、練習会&ミニゲームの開催(7日)
山の会、ブルゴーニュでシャトー宿泊と葡萄畑ハイキング(13日~14日) 
山の会、ナルシス観賞ハイキング(21日)

5月
山の会、ナルシス観賞ハイキング(5月21日) 

 5月21日(日)、子供2名を含む14名が参加し、恒例のナルシス観賞ハイキングを行いました。
 お天気にも恵まれ、「5月の雪」 と呼ばれ辺り一面真っ白に咲き乱れるナルシスの群生地をハイキングし、気持ちの良い日曜日を過ごしました。

(写真は、ナルシス群生地で記念撮影)

このページのトップへ↑
山の会、ブルゴーニュでシャトー宿泊と葡萄畑ハイキング(5月13日~14日)

 5月13日(土)~14日(日)の週末、「ブルゴーニュ地方にあるシャトー宿泊・ロマネ・コンティ葡萄畑ハイキング」を行いました。参加者は20名でした。
 シャトーではフェニックスワインクラブのワイン試飲会、屋内プールや本格和式露天風呂、サウナやテニスなどを楽しみ、夜は近郊にあるミシュラン⭐ガイドの一つ星レストランでフルコースディナーを堪能しました。
 翌日のハイキングでは晴天に恵まれ、ワインに関するレクチャーを受けながら、ロマネ・コンティやコルトンなどの特級ワインが生産される地域の散策を楽しむことができました。

(写真左は、シャトーの前で。右は、葡萄畑を見渡しながらハイキング)

このページのトップへ↑
テニスクラブ、練習会&ミニゲームの開催(5月7日) 

 5月7日(日)、Tennis Club de Glandにて、練習会及びミニゲームを行いました。ジュニア、初・中級・上級クラスまで24名が参加し、充実した練習会となりました。
 ウォーミングアップから始まり最初の30分はフォームの確認から球打ち、サービスの練習、その後はダブルス形式で毎セットパートナー入れ替えのミニゲームを行いました。

(写真は、練習会に参加した皆さん)

このページのトップへ↑
4月
ゴルフクラブ、第1回本戦コンペ開催(4月30日)

 4月30日(日)、快晴の春の陽気のもとで今年第1回目の本戦ゴルフコンペ(幹事杯)がマンシエツトGCにて開催されました。
 優勝は白野美智子さん(G89/H20/N69)、2位およびベスグロは水野靖久さん(G79/H9/N70、WHO)、3位は橋本吉美さん(G85/H14/N71、レストランはし本)という結果でした。

(写真は、今井ゴルフクラブ幹事<左>から優勝杯を受ける白野さん<右>)

このページのトップへ↑
第19回JCG総会開催(4月11日)

 4月11日(火)、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部にて、第19回総会が開催されました。
 約60名の会員が出席し、2016年度の事業報告・会計報告案および会計監査、2017年度の事業計画・予算案、2017年度役員案等について、議事が進められ、いずれも承認されました。役員のリストについては、「役員の顔ぶれ」のページをご覧ください。
 総会終了後には、JCG名誉会長の志野光子大使(日本政府代表部/領事事務所長)による講演会も行われました。志野大使の専門である人権をテーマにご自身の経験談を交えた興味深いお話を伺いました。
 また、日本政府代表部ならびに領事事務所のご厚意により、懇親会も催され、会員間の交流を深めることができました。

(写真左は、総会風景。右は、人権をテーマに講演中の志野大使)

このページのトップへ↑
テニスクラブ、ILOとの親善対抗試合(4月9日)

 4月9日(日)、Tennis Club de Glandにて、ILOテニスチームとの親善対抗試合を行いました。
 JCGから13名、ILOから12名、計25名が参加して熱戦を繰り広げました。今年はJCGの男子チームが充実し、男子ダブルス、ミックスダブルスで圧勝し、最終ラウンドを待たずに勝利を決めました。25試合行った結果は、JCGの14勝9敗1引き分けでした。
 試合終了後には懇談アペリティフを行いました。

(写真左は、優勝カップを受け取るJCGテニスチームの深町キャプテン<左>。右は、懇談会のひととき)

このページのトップへ↑
第71回理事会の報告(4月4日)
 
 4月4日(日)、第71回理事会(役員対象)が開催されました。主な議事は下記のとおりです。
  • 役員の交代について:小林隆理事(三菱UFJウェルスマネジメント銀行スイス)および守屋あかね理事(Swissport International)の後任として、それぞれ井上徹雄氏(日東電工ヨーロッパテクニカルセンター)と進藤奈邦子氏(WHO)の理事就任が承認されました。
  • 会員の入会について、次の方々が承認されました。
    法人会員:レストラン湖山
    法人賛助会員:SwissJoho.co
    個人会員:平田泰世、Coutau David(Banque Pictet)、吉田真紀、肥田晋治(LEM International)、髙見澤將林(軍縮代表部)、Guillemant真理子、小平和正(Daiwa Capital Markets Europe)、Beucht Magali、明石達也(Itoh Denki Europe)、石田真(公邸)、内野正義、田中三郎、宮崎慈子(UNECE)、鈴木信夫(代表部)
  • 新年会報告、2016年度活動報告案、2017年度実施計画案などが承認されました。
このページのトップへ↑
3月
テニスクラブ、初・中級者向け練習会(3月26日)

 3月26日(日)、Gland Tennis Clubにて初・中級者向けに練習会および全体でミニゲームを行いました。20名と数多くの方々にご参加いただきました。
 初級者の方々は初めは球打ちの練習から始めましたが、後半は中・上級者と一緒にのミニゲームを行い、それぞれ大いに楽しむことができました。
 今後は、4月9日に恒例のILOテニスクラブとの親善対抗試合、5月には再度練習会&ミニゲーム、そして6月には緒方貞子杯テニス大会を開催します。

(写真は、参加者の皆さん揃って)

このページのトップへ↑
ゴルフクラブ、番外編コンペ(3月19日) 

 3月19日(日)、今年初めてのコンペ(番外編)をエズリーGCで開催しました。早朝は曇り空でしたが、昼頃には快晴のゴルフ日和になりました。
 結果は、ツバーレン真知子さん(G98/H29/N69)が優勝、2位は一戸良江さん(ILO、G101/H31/N70)、3位およびベスグロは村上伸さん(JTI、G87/H15/N72)でした。

(写真は、優勝したツバーレンさんのスピーチ)

このページのトップへ↑
山の会、ロイカーバードでスキーと温泉の週末(3月4日~5日) 

 3月4日~5日、ロイカーバードにて1泊2日の温泉とスノーシューハイキング旅行を開催しました。
 1日目は強風のため、ケーブルカーが運行停止していたので、初の試みでしたが初級者のためのスキー教室も開催しました。悪天候の中でしたが、楽しく練習していただけました。また、他のメンバーは地元のレストランやワインバーでワイワイと賑やかに歓談、温泉に浸かり、夜はラクレットなどの郷土料理を楽しみました。
 翌朝はゲンミ峠に登り凍った湖の周りをスノーシューでハイキング。充実した週末となりました。

(写真は、スキー練習中の参加者たち)

このページのトップへ↑
2月
スキークラブ、ラ・テュイルへバスツアー(2月26日) 
 
 2月26日(日)、イタリアのラ・テュイル(LaThuile)へのバスツアーを実施しました。34名が参加し、好天の中、モンブランを眺めながらスキーやスノーボードを楽しみました。プティ・サン・ベルナール峠辺りには、とても良い状態で雪が残っていて、天然の雪の感触を満喫しました。
 スキーの後には、各自クールマイヨールの街を散策し、買い物をしたり、ジェラートやビールを味わいました。

このページのトップへ↑
山の会、山小屋でチーズフォンデュを食べるハイキング(2月12日) 

 2月12日(日)、ラ・ジブリン(La Givrine)にて、今季2回目の「山小屋でチーズフォンデュを食べるハイキング」を行いました。
 前回は、雪がなく、ハイキングシューズでの山歩きでしたが、今回は、スノーシューを装着してのハイキングでした。風もなく、理想的な天候の中、参加者13名が山小屋を目指して歩きました。昼食は、お待ちかねのチーズフォンデュ。ボリュームたっぷりのフォンデュをたべ、午後も楽しく雪山を楽しんできました。

(写真は、山小屋の前で記念写真)

このページのトップへ↑
JCG新年会、大盛況!(2月5日)

 2月5日(日)、モーベンピック・ホテルにて、新年会が開催されました。今回は初めて昼食時の開催となりましたが、200人以上の会員の方々が参加し、賑やかな新年会となりました。
 アベル美穂JCG会長の挨拶、在ジュネーブ軍縮代表部・高見澤将林特命全権大使からの御祝辞、そして、JCG名誉会長・志野光子領事事務所長/代表部次席大使による乾杯の音頭で幕を開けた新年会。今年は、「これから行きたいところ」「これまで行って楽しかったところ」をテーマにテーブルを囲んでいただき、旅行情報の交換などで、親睦を深めていただくことができました。
 お食事の合間には、「パーカッションとバイオリンの演奏会」も行われました。会員の中には、芸達者な方々が多くいらっしゃいます。この日のために特別結成されたグループ、読売新聞ジュネーブ支局長の笹沢教一さん(パーカッション等)と守屋萌さん/アリゼ・ヴェースミュレーさん(バイオリン)の3名による素晴らしい演奏で「情熱大陸」を聴きました。
 昨年の日本祭りでは、AKB48の「恋チュン」のダンスが大好評でした。今回、いくつかの会員企業や団体が参加して編集された「恋チュン in Geneva」の映像を初公開しました。会員の方々の思わぬダンスにに会場は大きな拍手に包まれました。会場では、子どもも一緒に「恋チュン」のダンスを練習し、みんなで一緒に踊る場面もありました。
 最後は、恒例のトンボラ(福引)でした。今年も、協賛各社から素敵な賞品をいただき、参加者の皆さんそれぞれにお持ち帰りいただきました。ご協力いただいた各社には、深くお礼申し上げます。

(写真右: 上から、アベルJCG会長、軍縮代表部の高見沢特命全権大使、乾杯の音頭をいただいた志野JCG名誉会長・領事事務所長・代表部次席大使。そして、テーブルテーマは、「これから行きたいところ」「これまで行って楽しかったところ」。 写真左: 上から、パーカッションとバイオリンの演奏会、「恋チュン」を日本祭りで踊った映像、子どもと一緒にダンスの練習、トンボラで日本行往復航空券を当てるジャンケンポン、当日のメニューから、2017年新年会プログラムのデザイン)

このページのトップへ↑
1月
スキークラブ、ピラへバスツアー(1月29日)

 1月29日(日)、参加者32人でイタリアのピラ(Pila)へのバススキーツアーを実施しました。
 スキーを2週間前に始めた人から上級者まで、予想以上に良いお天気の下、丸一日スキーをすることができました。
 スキーの後は、各自アオスタの街の散策をして、ショッピングなども楽しみました。

(写真左は、青空の下で参加者を撮影。右は、左手にモンブラン、右手奥にマッターホルン...)

このページのトップへ↑
スキークラブ、初心者・中級者練習会(1月15日)

 1月15日(日)、フランスのレ・ジェ(Les Gets)で練習会を開催しました。雪が降った上にお天気も良く、絶好のスキー日和となりました。
 幹事2名とスキー上級者2名、合計4名のコーチの下、各レベルに分かれて、4歳から大人までの方々がスキーの練習をしました。参加された皆さんは、それぞれ何がしかのヒントを得たようで、スキーにますます興味を持っていただけました。

(写真は、スキーの練習中の幹事と子どもたち)

このページのトップへ↑
商工部会、勉強会「WEFの活動とダボス会議」(1月12日)

 1月12日(木)夕方、ジェトロ・ジュネーブ事務所にて、約30名の参加者を迎えて商工部会勉強会を開催しました。
 勉強会の講師として、ジュネーブに本部を置き、パブリック・プライベート両セクターの協力で、世界情勢の改善に取り組む国際機関世界経済フォーラム(World Economic Forum/WEF)の高橋雅央、本田きりこ両氏をお招きし、フォ-ラムの組織・活動内容全般についてご講演していただきました。
 WEFは、クラウス・シュワブ教授がジュネーブに本部を置く非営利財団として1971年に創設された。当初、ヨーロッパ経営者フォーラムを設立し、ヨーロッパの経営者を中心にした年次総会をダボスで開催。その後、1987年に「世界経済フォーラム」に名前を変え、国際紛争を解決するプラットフォームを提供することを目指し、数々の成果をあげています。
 これまでいくつかあった転換期に、定めた目標を達成しながら着実に発展し、現在では職員約600人、1,500人を超える専門家を抱える国際機関(2015年)として成長を遂げています。
 フォーラムが一般的に周知されているのは、ダボスで行われる年次総会(ダボス会議)ですが、他にも、知的センターとして多数の報告書(グローバル・コンペティティブネス・レポート、グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート、グローバルリスクレポート、地域シナリオ分析レポート等)を発刊していることでも周知されています。
 また、今回の講演会では、開催を直後に控えた「第47回世界経済フォーラム年次総会」(1月17日~20日)についても触れていただき、総会のリーディングテーマが「Responsive and Responsible Leadership」であることや今年のダボス会議の注目すべき点などについて話を伺いました。

(写真左は、WEFの高橋氏<上>と参加者の方々<下>。右は、WEFの本田氏)

このページのトップへ↑