▲ page top

 

委員会・部会の報告(2017年度)

商工部会/文化部会共催:「ダボス会議」勉強会(1月18日)

1月18日(木)、午後6時半より、JCG商工部会・文化部会共催の勉強会を実施しました。

今回は、世界経済フォーラム(WEF)の高橋雅央氏と本田希理子氏を講師としてお招きし、1月23日から開催されるWEF年次総会(ダボス会議)のリーディング・テーマ「Changing a Shared Future in a Fractured World」についてお話を伺いました。

ダボス会議直前の実施で、メディアでも取り上げられていたこともあって、当日は30名以上の方々が参加しました。ダボス会議に直接携わられているお二人のお話は興味深く、全員熱心に傾聴しました。

商工部会:全スイス合同商工会(11月10日)

11月10日(金)、ベルンの在スイス大使館において、「全スイス合同商工会」を開催しました。ジュネーブ日本倶楽部商工部会とチューリッヒ日本商工会それぞれのメンバーが一同に会する初めての催しでした。JCG商工部会からは14社が、チューリッヒ商工会からは17社が参加し、総勢60名以上が集いました。

まず、大使館より大阪万博誘致PRなどの映像が紹介された後、チューリッヒ商工会の浅野真会長、JCG商工部会の中園雅巳部会長の挨拶、そして本田悦朗駐スイス日本国特命全権大使大使からのご挨拶をいただきました。つづいて、ジュネーブ領事事務所の志野光子大使の乾杯の音頭で、懇親会が幕を開けました。

スイスという同じ国に在籍しながらも、なかなか交流の機会がなかったジュネーブとチューリッヒの日系企業でしたが、今回の催しは、両地域間のネットワーキングの機会となりました。

本田大使をはじめ、ベルンの大使館の皆様には厚くお礼申し上げます。

文化部会:ポスチュアウォーキング講習会(10月30日/31日)

10月30日(月)と31日(火)、正しい歩き方を学ぶ「ポスチュアウォーキング」のレッスンが市内のStudio49で行われました。指導は、ポスチュアウォーキ ング協会の会長Kimiko先生で、30日と31日に行われた女性を対象とした「基本+ハイキングコース」にはそれぞれ18名が参加。31日にはメンズコースも実施され 、6名の男性が受講しました。

約1時間半の集中レッスンに取り組み、最後は、皆さん素敵な笑顔とともに綺麗なポーズで締めくくることができました。先生の スローガン「Let's start positive life together ‼」を胸に、参加者の方々は今回の講習を日々の生活に活かしていることと思います。

商工部会:SJCCと共催で講演会開催(10月12日)

10月12日(木)、ジェトロ・ジュネーブにて、商工部会とSJCC(スイス日本商工会議所)の共催イベント「Japanese Companies in Europe after BREXIT」と題する講演会が行われました。講師として、、みずほ銀行ロンドン欧州資金部シニアストラテジストディレクターの本多秀俊氏をお招きし、在欧日系企業を取り巻く複雑なBREXIT問題について、本多氏独自の分析と見解を聴くことができました。

講演会終了後は、夕食を取りながら懇談会を行いました。

商工部会:ジュネーブ空港見学会(9月14日)

9月14日(木)、午後6時から、SJCC(スイス日本商工会議所)とJCG商工部会の共催で、ジュネーブ空港見学会を開催しました。参加者は28名で、ジュネーブ空港のイブ=ダニエル・ビルダ(Yves-Daniel Viredaz)氏(Director, Marketing & Business Development)から、同空港の現状、日本からの直行便の可能性を含め、今後の計画等についてお話を伺いました。

その後、通常は関係者以外立ち入り禁止区域となっているターマック・エリアへと移動し、約30分にわたってミニバスで空港敷地内を案内していただきました。

説明会と見学の後は、ジュネーブ空港のご厚意で、空港内の会場でアぺロを取りながら、講演者や参加者との親交を深めました。

文化部会:乙武洋匡氏を囲む会と講演会(9月10日/11日)

9月10日(日)、戦後のベストセラーとしては未だに第2位を維持している「五体不満足」の著者、乙武 洋匡(おとたけ ひろただ)氏をお招きし、市内のレストランで囲む会を、また9月11日(月)には講演会と懇親会をWHOで行いました。それぞれ20名と30名が参加しました。

囲む会では、特に日本語補習校の先生方が多く参加され、教育を中心に様々な意見交換をしました。講演会では、WHOの障碍対策専門家ほか、国際機関の様々な分野の専門家も集まる中、2030年に向けた世界の目標「持続可能な開発目標(SDGs)」のスローガンでもある「誰一人置き去りにしない」をテーマとして、乙武氏の経験を話してもらいました。

障碍を乗り越え、人の何倍も努力して、何事にも果敢に挑戦していながら、自然体で、強いところも弱いところも素直に見せて語る氏から、参加者は多くを学んだようです。

商工部会:2017年度総会と特別講演会(6月6日)

6月6日(火)、オービーブ公園内レストランにて、2017年度JCG商工部会総会が開催されました。志野光子大使/JCG名誉会長、アベル美穂JCG会長にもご出席いただき、当日は法人会員メーバーから41名の方々が参加しました。

商工部会活動についての報告後には、ローザンヌの著名なビジネススクール、IMDのドミニク・テュルパン教授による特別講演が行われました。テーマは、「Leading in The VUCA World : Message to Top Execuiteves」で、VUCA(Volatile, Uncertain, Complex and Ambiguous)時代のリーダシップとして、トップエグゼキュティブがどのように組織をリードしながら、チャンスを見出し、組織として発展していくのかというメッセージをいただきました。参加された法人会員の方々も、興味深く講演を聴講され、質疑応答でも活発な意見が交換されました。

講演会の後には、夕食のテーブルを囲みながら、法人会員それぞれからの近況報告があり、終始賑やかな雰囲気の中、法人会員の親睦を深めました。

商工部会総会の資料等については、商工部会事務局までお問合せください。