会長挨拶


ジュネーブ日本倶楽部のウェブサイトへようこそ!

2000年に設立されたジュネーブ日本倶楽部(JCG)は、雄大なアルプスの峰々や美しいレマン湖に囲まれた街ジュネーブおよび周辺に暮らす日本人の方々の親睦と、日本とスイスの相互理解・交流促進を目的として活動する団体です。長年このジュネーブにお暮らしの方々、企業や国際機関等で活躍される駐在員の方々、大学や国際研究機関で学ぶ留学生や研究生など、多くの方々にJCGにご入会いただいております。

JCGでは、会員同士の親睦に向けて、ゴルフ、スキー、テニス、山の会、ワインクラブ、室内娯楽(囲碁)などのレクリエーション活動を手作りで企画・実施しております。商工部会では、会員のネットワーク作りや情報交換に役立つよう、様々な講演会やイベントを開催しています。年に10回発行の会報誌「BONJOUR!れまん」では、日々の生活に役立つ情報をお届けしています。Facebookでも皆さんの活動情報を発信し、交流を深めております。若者の会(ユースブランチ)や女性の会(ウィメンズブランチ)では、日本の伝統や文化について学んだり子育てに役立つ情報を共有するなど、参加者の興味に応じて趣向を凝らしたイベントを開催しております。日本とスイスの相互理解や交流促進に向けては、JCG目玉行事でもある日本祭りを毎年秋に開催し(2020年と21年はコロナ規制により中止)、多くのスイスの方々にご来場いただき楽しんでいただいております。加えて、ジュネーブでの日本文化普及の取り組みに永年ご協力いただいているカルージュ市へのお礼の気持ちをこめて、2021年末に新たに落成したカルージュ劇場横にソメイヨシノを10本寄贈いたしました。これで、JCGから寄贈した桜の花見スポットは、アリアナ公園に次いで2カ所目となりました。

2020年には、長年にわたるこれらの活動を評価いただき、外務大臣表彰を受賞いたしました。

新型コロナウイルスに関する規制が緩和され、多くの活動やイベントを再開できるようになり、さあこれから!という時にロシアのウクライナ侵攻という惨劇が発生しました。眼前に広がるこの悲劇に、大変衝撃を受け、心を痛めております。
 混沌とした世の中が続きますが、JCGにできることは、当地に住む日本人の親睦をさらに深め、日本とスイスの交流をさらに促進することに少しでもお役に立つことと考えており、それらに向けて様々なイベントや活動を行ってまいります。また、東日本大震災時に世界の多くの人々が日本に救いの 手を差し伸べてくれたように、東欧で発生している多くのウクライナ難民を支援すべく、JCGとしてできることを実施していきたいと考えております。一日も早く平和な日々が戻ることを切に願っております。

ジュネーブ日本倶楽部 会長  岩井 喜代志
2022年4月