2022年度活動報告

ゴルフクラブ/第160回本戦大会「夏真っ盛りのコンペ」

8月1日(月)、第160回本戦大会「夏真っ盛りのコンペ」をエビアン・リゾートGCで開催し、参加者21名が真夏のゴルフコンペを楽しみました。結果は、町田静治さん(G90/H19/N71)が優勝し、2位は北尾智さん(G88/H14/N74、JTI)、3位は嶋吉麟太郎さん(G110/H36/N74)でした。おめでとうございます!

    

山の会/グリンデルワルドの牧童祭ハイキング

好天に恵まれた6月26日(日)、参加者20名がハイキングを楽しみました。新しく生まれ変わったグリンデルワルド・ターミナル駅からメンリッヘン行きのゴンドラに乗り、山頂でのお祭りを楽しんだ後はアイガーを見ながらクライネシャイデックまで、加藤ガイドを偲びながら高山植物咲き乱れる山道を歩きました。

        

テニスクラブ/練習会&ミニゲーム

6月19日(日)、Tennis Club de Gland にて練習会、ダブルスでのミニゲームを行いました。真夏の陽気の暑い中でしたが8名が参加しました。最新器具の自動ボール出し機で試し打ちを行ったり、メンバー入れ替えのダブルスのゲームと全員が普段以上の汗を流し充実した練習会となりました。

ユースブランチ/BBQ @Perle du Lac

6月19日(日)今回はレマン湖沿いでBBQを行いました。25名の方にご参加いただき、中には社会人の方、学生の方、ご家族連れの方がいらっしゃいました。とても暑い中、みんなで交代しながら、各自持って来た材料をグリルし、日陰で美味しくいただきました。湖で泳ぐ方も大勢いらっしゃって、夏らしい1日を過ごせたと思います。また、ジュネーブに着いたばかりという方や、初めてJCGのイベントに参加するという方から、交流するにあたって良い機会だったとのご感想をいただきました。これからのイベントにも大勢の方にご参加いただけるよう、企画していきたいと思います。

        

ウィメンズブランチ/料理研究家と歩く仏領FERNEY 朝市ツアー

6月18日、6名が参加し、1年中様々な食材が並ぶ活気溢れるフェネイの朝市をガイドがお薦めのお店を中心に案内。旬の食材や調理法などの話や市場で役立つ仏語会話等を聞きながら楽しく美味しい時間を過ごしました。

ゴルフクラブ/合宿

6月4日(土)~6日(月)、ビラール(Villars)にあるHôtel Ecureuilを拠点に合宿を行い、3日間で三箇所のゴルフコースを巡りました。ゴルフで汗をかき、日本食に舌鼓を打つ、充実した企画になりました。
まず、初日の4日は標高1600mのゴルフコースGolf Club Villars。優勝は嶋吉耕史さん(G84/H21/N63、JTI)、2位は楢原大樹さん(G85/H20/N65、JTI)、3位は田中正博さん(G97/H24/N73、JTI)でした。
翌日5日は生憎の雨となりましたが、スイス最古のゴルフコースであるMontreux Golf Club。第158回本戦大会としての開催で、優勝は嶋吉耕史さん(G90/H21/N69、JTI)、2位は水野靖久さん(G81/H10/N71、ITコンサルタント)、3位は田中健志さん(G91/H20/N71、JTI)でした。
最終日となった6日は、風光明媚なGolf de Lavaux。第159回本戦大会としての開催で、優勝は楢原大樹さん(G82/H20/N62、JTI)、2位は安田寿哉さん(G90/H20/N70)、3位は田中正博さん(G95/H24/N71、JTI)でした。
大変好評でしたので、来年も企画したいと思います。皆さん、お楽しみに! 

golf202206_villarsVillars  golf202206_montreuxMontreux    golf202206_lavauxLavaux


ウィメンズブランチ/おしゃべりカフェ「ザ・大学受験」

6月2日のおしゃべりカフェは、11名の方にご参加いただきました。高校4年生や過去2年間に大学進学をした学生に協力いただいたアンケートをもとに、大学進学制度、高校卒業資格試験、大学受験資格コース等の解説と経験談などの情報交換、各家庭での学習の進め方等々の個別質問の共有などで大変盛り上がりました。

ゴルフクラブ/JAPAN CUP:5月15日(日)

マンシェットGCで日本スイス国交150周年にあたる2014年に始まった親睦コンペを3年振りに開催しました。
地元ゴルファー60名とJCGゴルフ部19名、総勢79名が参加!新緑も美しいマンシェットGCで、和気藹々とした笑顔溢れる一日となりました。
表彰会場には日本の提灯を飾り、美味しい巻き寿司を用意。明石バンドの素敵な演奏で盛り上がりました。ゴルフ部メンバーによる日本の国歌斉唱も参加者の心に刻まれた様子です。
法人会員やゴルフ部会員からご提供いただいた沢山の賞品に参加者からは歓声があがりました!
優勝者のGauthier氏には大きな優勝カップが贈られました。

  
  

山の会/ナルシス鑑賞ハイキングと山菜採り:5月15日(日)

山の会では4年半振りにハイキングを開催しました。参加者総勢21名で、レ・プレイヤード周辺のナルシス(野生水仙)を鑑賞しながらハイキングを楽しみました。
当日は天候にも恵まれ、ガイドの田口氏の山草についての丁寧な説明に耳を傾けながらハイキング道を進みました。見事に咲き誇ったナルシス群生地に到着した後は皆さん思い思いに写真を撮ったりお弁当を食べたりして、楽しい一日を過ごしました。

  

文化部会ウィメンズブランチ/おしゃべりカフェ2022

4月28日(木)「夏休みどこにいく?」

スイス鉄道、飛行機利用、車利用など様々な旅行スタイルについての情報交換をしました。間近の告知にも関わらず、スイスに来たばかりの方から長期滞在者まで、5名の方にお集まりいただき、盛り上がりました。

5月3日(火)「日本語教育どうしてる?」専門家と一緒に話し合おう

ウィメンズブランチでは、多言語社会の在外生活でわが子への日本語教育をどうしたらいいのかを専門家をお招きして3回シリーズで考えています。
5月3日に行われた2回目は、日本語教育研究をされている鈴木麻友講師に、事前に保護者の方々から頂いた意見や質問をもとに講座を作っていただきました。
そもそも「バイリンガル」とはどういうことなのでしょう。分類方法、複数言語習得の仕組み、母語の習得段階等をわかりやすいスライドでご説明頂きました。又ワークショップでは各家庭でどのような実践をしているのかを振り返る事で家庭での言語政策を見つめなおしました。
参加者は結婚形態、滞在期間とも様々で質問も多数寄せられましたが、講師からはそれぞれに合わせてすぐにでも始められる実践のヒントをアドバイスいただきました。
短い時間でしたが、たくさんの事を学び何が大切なのかをきちんと認識できた会になりました。
ウィメンズブランチでは今後も会員同士の情報交換の場として、おしゃべりカフェを定期的に開催予定です。お楽しみに。

第24回総会:4月26日(火)

4月26日(火)、クラウンプラザジュネーブにて第24回総会が開催されました。
今回は3年ぶりの対面での開催となり、またZoomを使ったのオンラインとの併用開催となりました。
主な議事は下記のとおりです。 
1)会則の改定
総務担当より、会則第14条(理事会の開催)に2項目を追加し、役員以外の会員の理事会オブザーバー参加を会則上明記することが提案され、承認されました。これは役員以外の会員が理事会に参加して情報提供等をする機会があることを考慮し、オブザーバー参加を求めるための規定を設けることが目的です。
2)2021年度事業報告/決算報告/会計監査報告
事業担当、各部会、委員会、クラブの代表者からの活動報告の後、経営担当より会計報告、監査報告があり、承認されました。
3)2022年度事業計画案/予算案  
2022年度に実施が予定されている主要イベント、部会・委員会・クラブの活動案、また予算案が提出され、いずれも承認されました。

【特記事項】
■2022年度日本祭りの開催中止について
10月にカルージュ市での第10回日本祭り開催を検討していましたが、以下の点を考慮して2022年度の開催を見合わせることとなりました。
1)スイス連邦政府は4月1日よりコロナ感染対策阻止を全面的に解除したものの、2023年春までは各州が衛生対策を管理する移行フェーズ期間としており、1万人規模のイベント開催が可能か不確定であること。
2)コロナ、ウクライナ情勢に伴い、多くのJCG会員が仕事などでその対応に追われており、日本祭りの準備をする運営委員会の立ち上げが困難であること。
■ウクライナ・人道支援への義捐金寄付について
JCGからジュネーブ州の公的福祉事務所であるHospice Généralへ1000CHFの寄付が提案され、承認されました。
ロシア・ウクライナ情勢が緊迫している中、国外に逃れたウクライナ難民の数は4月2日の時点で413万人に上り(UNHCR発表)悲惨な状況が続いています。
スイスにおいては、4月上旬には既に1万8000名以上のウクライナからの避難民が到着しており、これからも増え続けることが予想されるため、人道支援を目的としてウクライナ難民の受け入れ支援をしているHospice Généralが継続的に寄付を呼び掛けています。
2011年の東日本大震災の際に、JCGは日本祭りご来場者に義捐金の支援を呼びかけ、多額の寄付を実施することができました。「困っている方を助ける」ことは、国を越えて人と人をつなぐための共通基盤であり、JCGの目指す目的である「国同士の相互理解」にも寄与すると考えることから今回の寄付が議題として提案されました。
4)役員の選出
満期、離任による役員の交代、2022年度役員案が提出され、いずれも承認されました。

役員一覧は「組織」ページをご覧ください。
5)その他
在ジュネーブ領事事務所の北村領事より、スイスおよびジュネーブにおける犯罪状況調査結果の報告、事例、コロナ感染状況の説明がありました。
総会に先立ち、JCG名誉会長の本清耕造大使・領事事務所長よりご挨拶の言葉をいただきました。
また総会後は、小笠原一郎軍縮会議代表部大使に乾杯のご発声をいただき、懇親会が開催されました。
参加者は会員同士の久しぶりの再会に喜び、和やかな雰囲気の懇親会となりました。
第24回総会資料は「会員専用」ページでご覧いただけます。

     

文化部/ワイン試飲・ハイキング「公認ガイドと巡る世界遺産Lavaux」:4月24日(日)

ASAM(スイス登山ガイド協会)所属ガイド・世界遺産Lavaux公認ガイド田口貴秀さんの案内で大人22名、子供7名の参加者が世界遺産のLavaux地区の畑ハイキングとワイン試飲を楽しみました。
まずはLavauxの説明を聞きながらChexbresの街を1時間ほど散策。その後Domaine Bovyへ。
ワイナリーでは最初に大きな木樽が貯蔵されているカーブを見学し、歴史や生産量、ワインの特徴などを学びつつ、樽から直接注がれたワインを試飲しました。
その後、試飲会場でシャスラやブランロベール等のワインをチーズやサラミなどのおつまみとともに堪能しました。
試飲の後はハイキング参加者は昼食をとり、風光明媚なブドウ段々畑をEpessesまで歩きました。  
途中、到着駅付近で偶然にもLavauxワインの中でも非常に希少な「Calamin」を販売するワイナリーが開いていたので訪問しました。このワイナリーにはチャーリーチャップリンもよく訪れていたとのこと。歩くことを考えて試飲したワイナリーではあまり購入できなかった参加者もここでワインを購入し、大満足の1日となりました。
試飲したワイナリーDomaine Bovy:https://domainebovy.ch
月-金:10h00-12h00/14h00-18h00/土:9h00-12h00
※事前予約をお勧めします。 

      
      

文化部会ユースブランチ/日曜日のコンサート鑑賞会:4月24日(日)

年度初のユースブランチイベントとして、昨年大好評だったコンサート鑑賞会を開催しました。本イベントは、若い世代にクラシック音楽を楽しんでもらうことを目的に、ジュネーブ市役所文化部(Service Culturel de la Ville de Genève)からコンサートチケットをご提供をいただき実現しました。
今回は「自転車」をテーマとする珍しいコンサートでしたが、合計10名の方にご参加いただきました。
会場ではYves Montandのフランス語の歌「La Bicyclette」の歌詞が観客に配られ、コンサート中、指揮に合わせてオーケストラと一緒に歌うなど、とても賑やかな雰囲気を楽しんでいただだきました。
鑑賞会をまた開催して欲しいとのお声をいただきましたので、今後も機会に応じて企画予定です。お楽しみに。

テニスクラブ/ILOテニスクラブとの親善試合:4月24日(日)

4月24日(日)、Tennis Club de GlandにてILOとの親善交流試合を行いました。COVID-19により実施できなかった為3年ぶりの開催でした。
試合は全てダブルスで男性、女性、ミックスの各6試合、計18試合を行いました。強力なILOチームを相手に善戦しましたが、結果は7勝11敗で惜敗しました。
通常日本人ばかりで行っているテニス大会ですが、国際的な人たちと腕を交えることができ、大変有意義な大会でした。大会後はアペリティフでさらに友好を深めることができました。

第91回理事会:4月12日(火)

4月12日(火)、第91回理事会がJETRO事務所にて実施され、総会に提出する議案が審議されたほか、下記の会員入会(2021年12月16日以降の入会)が承認されました。(順不同・敬称略)
個人会員:小池都司(ILO)、北村美奈子(在ジュネーブ領事事務所)、斉藤百合、佐藤章子(EPFL)、中井俊介(国連環境計画)、堀井美江

OB/OG会員:浅井 竜也(名古屋大学)

ウィメンズブランチ:おしゃべりカフェ(4月4日)

BALEXERTミグロレストランにて、「おしゃべりカフェ」を開催、日本語教師のフェイダー石川佳世子先生と鈴木麻友先生をお招きし、子供たちの日本語教育について話し合いました。
参加者10名の方は大半が国際結婚組でした。
「がんばって日本語で子育てをしたい」という気持ちは高く、講師のお二人からのアドバイスをいただきながら、さまざまなお話や情報交換ができ、有意義な時間となりました。

「おしゃべりカフェ」は今後も定期的に開催予定です。詳細がきまりましたら「活動」のページでご案内します。

2021年度活動報告

ゴルフクラブ:第156回本戦大会「春爛漫のコンペ」3月20日(日)

第156回本戦大会「春爛漫のコンペ」ををマンシェットGCで開催し、参加者18名がシーズン最初のゴルフコンペを楽しみました。
結果は、加藤紀朗さん(G93/H25/N68、大和証券)が優勝し、2位は北尾智さん(G88/H18/N70、JTI)、3位は林原美智子さん(G101/H31/N70)でした。おめでとうございます!
また今回、新たに今村知文さん(マブチモーターエレクトロマグ)、中井俊介さん(国連ジュネーブ事務所)、中村淳さん(JTI)がコンペに参加してくれました。

コンペには単回でもご参加いただけますので、ご興味のある方は、JCGゴルフ幹事までご連絡ください。
jcg-golf-organizer@googlegroups.com

🎿スキークラブ:スキーツアー(1月16日)

1月16日(日)、4名でChâtelに行ってきました。スキー場は一日中快晴で、リフトの待ち時間もほとんどなく気持ちよく滑れました。
スキークラブでは、タイムリーに企画をお知らせするメーリングリストがあります。興味のある方は、幹事までご連絡ください。(skiclub.jcg@japanclubge.ch)

 



写真上:Châtelでリフトに乗って
写真下:Avoriazのスキー場との境界付近

🎿スキークラブ:スキーツアー(12月12日と12月19日)

12月12日(日)と19日(日)に、参加者を募り、それぞれ自家用を使い一緒にスキーに行ってきました。
12日は、スイスのVillarsへ。ここ最近雪が降り、気持ちよくスキーを楽しむことができました。参加者は7名でした。

 

 
写真上:青空が見えるVillarsのスキー場
写真下:参加者たち

また、19日にはフランス領のLes Getsに行ってきました。参加者は4名でしたが、良いお天気のもと、スキーを楽しみました。
写真は、朝一で行ったPointe de Nyonでの写真です。リフトから降りたところに新しく展望台ができていました。また、モンブランがよく見えるLe Ranfoillyの頂上付近にも、展望台が新しく設置され ていました。

ゴルフクラブ:155回本戦大会「幹事杯(安田記念)」(11月14日)

11月14日(日)、第155回本戦大会「幹事杯(安田記念)」をブレスGCで開催し、参加者23名がブレス鶏に舌鼓を打ちつつ、ゴルフを楽しみました。
結果は、濱田貴大さん(G108/H36/N72、Antiquorum)が優勝し、2位は明石達也さん(G102/H27/N75、伊東電機ヨーロッパ)、3位は石川良さん(G99/H23/N76)でした。

🎾テニスクラブ:「緒方貞子杯争奪テニス大会」(11月7日)

11月7日(日)、同じくTennis Club de Glandにて2年ぶりに「緒方貞子杯争奪テニス大会」を行いました。ジュニア、一般合計19名が参加し、久しぶりに大会の雰囲気を満喫することができました。
優勝は、肥田晋治さん、2位深町征臣さん、3位上月美穂さんという結果でした。


 



写真上:緒方杯表彰者(左より2位 深町征臣さん、優勝 肥田晋治さん、3位 上月美穂さん)。
写真下:参加者の皆さん

⛳ゴルフクラブ:番外コンペ(10月31日)

10月31日(日)、番外編コンペを名門エビアンGCで開催し、参加者23名がゴルフを楽しみました。
結果は、一戸良江さん(G101/H29/N72、ILO)が優勝し、2位は濱田貴大さん(G112/H36/N76、Antiquorum)、3位はフレザール知子さん(G96/H19/N77)でした。また、今回は北尾智さん(JTI)が16番ホールでホールインワンを達成されました。おめでとうございます!

ゴルフクラブ:154回本戦大会「秋の紅葉コンペ」(10月10日)

10月10日(日)、154回本戦大会「秋の紅葉コンペ」をエクス・レ・バンGCで開催し、参加者25名が秋空の下、ゴルフを楽しみました。
結果は、越智奨貴さん(G104/H36/N68、JTI)が優勝し、2位は野々垣達郎さん(G93/H24/N69、Hôtel Ecureuil)、3位はフレザール知子さん(G97/H22/N75)でした。

🎾テニスクラブ:「練習会」(10月3日)

10月3日(日)には、Tennis Club de Glandにて練習会を行いました。ジュニア、一般合計18名が参加し充実した練習会を行うことができました。

ゴルフクラブ:153回本戦大会「会長杯」(9月9日)

9月9日(木)、153回本戦大会「会長杯」をモントルーゴルフクラブで開催しました。当日は、岩井喜代志JCG会長を迎えて、参加者24名が100年以上の歴史があるスイス最古のゴルフコースを楽しみました。
結果は、月花里依さん(G99/H30/N69)が優勝し、2位は田中正博さん(G99/H29/N70、JTI)、3位は明石達也さん(G101/H31/N70、伊東電機ヨーロッパ)でした。
なお、本大会には、新たにジュネーブに赴任された大石直哉さん(JTI)と大石俐俐さんも参加しました。

⛳ゴルフクラブ:151回本戦大会「幹事杯(再戦)」(8月29日)

8月29日(日)、151回本戦大会「幹事杯(再戦)」をゴルフパーク・シニヤルドブジで開催。参加者22名がゴルフを楽しみました。本大会は悪天のため中断となった5月16日の再戦でしたが、今回は快晴に恵まれました。
結果は、山里浩二さん(G92/H34/N58、JTI)が優勝し、2位は町田浩さん(G88/H26/N62、レストラン湖山)、3位は加藤紀朗さん(G94/H31/N63、大和証券)でした。
本大会には、新たにジュネーブに赴任された竹上嗣郎さん(JETRO)と田中健志さん(JTI)も参加しました。

⛳ゴルフクラブ:152回本戦大会「モンブランカップ」(8月15日)

8月15日(日)、152回本戦大会「モンブランカップ」を快晴に恵まれたシャモニーGCで開催しました。参加者29名が夏の避暑地でのゴルフを楽しみました。
結果は、川戸玲美さん(G103/H36/N67、JTI)が優勝し、2位は金井健浩さん(G105/H36/N69、JTI)、3位は水野靖久さん(G86/H14/N72)でした。水野さんはベストグロスも獲得しました。
なお、「モンブランカップ」では、シャモニー在住の日本人の方々にゴルフ場やレストランとの交渉を行っていただき、賞品も寄贈いただきました。また、ツバーレン真知子様からは、賞品として素敵なリトグラフをいただきました。改めてお礼申し上げます。

※モンブランを背景に

⛳ゴルフクラブ:合宿(6月5日~7日)

6月5日(土)~7日(月)、ビラール(Villars)にあるHôtel Ecureuilを拠点に合宿を行い、3日間でグリュイエール、モントルー、ボンモンの3コースを巡りました。ゴルフで汗をかき、日本食に舌鼓を打つ、充実した企画になりました。
まず、初日の5日は生憎の雨となりましたが、上り下りが激しいGolf de la Gruyèreでのコンペ。事前申告した目標スコアの達成度で競うオネストジョン形式でプレイしました。優勝は田代秀実さん(申告値0、Firmenich)、2位は明田武士さん(申告値-1、JTI)、3位は月花里依さん(申告値+1)という結果でした。
翌日6日は、スイス最古のゴルフコースであるMontreax Golf Club。優勝は明石達也さん(G96/H31/N65、伊東電機ヨーロッパ)、2位は加藤紀朗さん(G98/H31/N67、大和証券)、3位は山里浩二さん(G101/H34/N67、JTI)でした。
最終日となった7日は、風光明媚な名門コースGolf & Country Club de Bonmontでした。この日は、集計なしで、各自のびのびとゴルフを楽しみました。

⛳ゴルフクラブ:春爛漫の番外コンペ(4月25日)

4月25日(日)、「春爛漫の番外コンペ」がディボンヌGCにて開催されました。春の陽気の中、絶好のゴルフ日和でした。優勝は、明石達也さん(G97/H31/N66、伊東電機ヨーロッパ)、2位が山里浩二さん(G103/H34/N69、JTI)、3位が一戸良江さん(G100/H29/N71、ILO)でした。さらに今回は加藤紀朗さん(大和証券)が16番ホールでホールインワンを達成しました。おめでとうございます​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​

2021年度以前の活動報告


​​​​​​​2019年度~2021年度の活動報告はこちらからご覧いただけます。

ジュネーブ日本倶楽部・過去の活動報告

別サイト  (https://japanclubge.wordpress.com) へリンクします。